外為取引には取引所取引という場所があります。日常的の外為(FX)企業と取引をとり行うものを「店頭取引」と呼びますが、この取引においては取引所を通過させないで商いの対象はFX会社になります。「取引所取引」という取引所はFX会社はあくまで仲だちであって、ストレートのビジネスペアは取引所になるのです。その違いを今いくらか比べていきましょう。まず初めに「店頭取引」の際は預金している資金は外為会社にコントロールされています。一方「取引所取引」の際、その資金は全ての額取引所に預託しなければならないと決まっているのです。そうすることにより仮にFX会社が倒産するような事態が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって資金は全てのお金が防護してもらえることになっています。店頭取引の場面は外為会社が管制しているから、様子により企業経営の行き詰まりの跳ね返りをの傷を受けて託していたお金は保護されないのかもしれません。重ねて税金面からも店頭取引と取引所取引は規定に相違があります。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として月給と累計で報告をせねばいけません。ものの確定申告せず良い際もあるみたいですのでわが身に合致するのかしないのか入念に検討をお願いします。もしかしてアナタが労働者でサラリー2000万円以下、給与の所得他収益が二十万円以下(複数の事業者から給料の所得がなし)といった基準を満たしている状態でいるのなら特別のケースとして確定申告は不要になります。外国為替証拠金取引(FX)利益が二十万円以上折は確定申告してください。税率は儲けに伴い5から40%の六段階に均分されていて所得が高いのなら税も上がってしまいます。「取引所取引」に関しては、収益があった時は他の所得とは別で考えておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまうのです。税金の率はすべて20%となりますがもしかして損失が断定されたならば「取引所取引」の益として赤字分を翌年以降に繰越するということが可能です。上記のように、「取引所取引」の方が低いtaxになる際もあるので検討して研究していった方が良いでしょう。分けても初心者の方は、ジャスダック株価の浮き沈みや円の状態に配慮し、利潤や損金分に一喜一憂する事によって、税金を払うという事柄を忘れ易くなることもあるので注意しましょう。マイナス分は困るけれども、儲けが多くなれば税金も額が高くなるので意識と認識が重要との事です。