車の損害保険には、皆様方ももうご存知かと考えられますが、等級と呼ばれるものがあります。正しくはノンフリート等級別料率制度といい、保険の料金にとても大きく関わっています。等級とは、自動車の損害保険の被保険者の公平さを保つことが一番の目的とすることでトラブルを発生させる可能性、車の損害保険を使う確率が大きいと見込まれるほど保険の料金が高額になります。アクシデントを発生させてしまう現実性が少なく自動車損害保険を使用するとはあまり思われない加入者は優良保険利用者に違いないと認められることで保険の料金がぐっと押えられます。安全にマイカーを運転する保険利用者の方のほうがそうでない人より有利な枠組みとなっており事故を生じさせてしまいやすい被保険者には不利なシステムだと考えられます。等級というシステムは、優秀な運転者と事故リスクが比較的高い被保険者の保険の料金が同じ額だと割増で払わされていると考える被保険者が多数を占めるため、サービス提供側側からしてもリスクを少なくするために否応無しに欠くべからざる決まりだと考えられます。それでは、等級という枠組みが具体的にいって一体どういった機構なのか簡潔に概説いたします。はじめに、等級の数には1等級?20等級まで設定されており数字が増加するたびに月々の掛金が割引される仕組みになっているのです。さらに1等級?3等級に関しては引き下げられず反対に割増になり、事故を発生させてしまい、クルマの保険を利用すると等級が3つ下がり負担が増えた自動車の保険を払っていくことになります。そして、はじめて加入する場合においては6等級より始まりとなりそのときから自分の数が減っていくのか上がるのかは契約者の実績によります。ゆえに掛け金を安くしたい方は、トラブルを防止するために日々安全運転に努めていくのが最も効率的といえるでしょう。