FXに関しては取引所取引という取引があります。普通のFX業者と取引をする行為を「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引に関しては取引所を通行させないで商売のパートナーは外国為替証拠金取引(FX)企業になります。「取引所取引」という取引所はFX(外国為替証拠金取引)会社はとはいっても橋渡し役であって、直接的の商売目標は取引所という意味になるのです。その相違をここで若干比較していきましょう。初めに「店頭取引」の時は預託しておる資金は外為(FX)業者にコントロールされています。他方「取引所取引」の場合、その資金は全金額取引所に供託しないとならないと義務づけられているのです。そうすることによりもし外為会社が経営破たんするというような経験が例えあったとしても、取引所取引は取引所によって証拠金が全金額擁護されているということになります。折は外為(FX)企業が調節しているので、状況によっては企業パンクのあおりに襲われて預託していた資金はガードされないかもしれないです。また税金を考慮しても両者に関しては基準に差異があります。「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として労賃と合算して届出をしなければなりません。されど確定申告しないで済む機会もあるらしいので、我に当てはまるのかしないのか注意深く確かめるようにしていただきたいです。もしあなたが勤め人で年収2000万円以下給与の所得他利益が20万円以下(2.3の会社から賃金所得はなし)という規定を守っている状態でいるのなら例外で確定申告は不要で大丈夫です。外国為替証拠金取引(FX)収益が二十万円以上折は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは儲けに即して5〜40パーセントの6つの段階に分けられていまして、実収が高いようであれば税金も高くなります。「取引所取引」については、利潤があった折は他の手取りとは別で考え「申告分離課税」のターゲットとなるのです。税率は全て同じ20%となるんですが、もしも損失が確定したのであれば「取引所取引」の得策として損失分を翌年以降に繰越という事ができるのです。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なタックスになるときもありますので照らし合わせて見ていった方が良いでしょう。ひときわ初心者の方なら、ジャスダック株価の浮き沈みや円相場にいつも気を配り、もうけや欠損分にドキドキする事によって、税金を払うという問題を忘れ易くなってしまうこともあるので注意しましょう。損分は困るけれども、収入が増加すれば税金についても増加するので注意と自覚が大事な点ですね。