自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険と呼び通称自賠責保険と呼ぶ保険です。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

このような自賠責保険は強制保険とも言われていて、車を定期的に定められている車検に出すときには、決められた車検期間に効果のある自賠責保険に加入している必要があります。ハワイ旅行記

言い換えれば、すべての自動車が加入する必要がある保険ということです。

それでは車に自賠責保険がついたまま売却した場合はどうでしょうか。

強制保険(自賠責保険)は車検のときに更新する場合が存在しますが、もし自動車損害賠償責任保険に入っている自動車を売った際は、その金額が返還されることは全然ありません。

なぜなら、自賠責保険の加入をいったん抹消して次の所有者に入れ替える作業はちょっと面倒なのです。

ですので自賠責保険というものは名義変更をして自動車と一緒に渡すのが普通です。

ただその代わりの額を買取額に足してくれるのです。

強制保険という保険は自動車税と違い、既に支払った額を月単位で割った金額が返還されるわけではなく、査定に乗せる方法を使うケースが通常ではありますが、これが見積もりシートに明記されるようなことは珍しいです。

そのため売却の際には自動車損害賠償責任保険の金額が売却額に反映されているかをチェックしたほうがいいでしょう。

あなたが払った額がどの程度の額かを把握しておけば見逃すことはないと考えます。

それぞれの自賠責保険の額は加入していた期間で違うものですから注意が必要です。

自動車の売却の際には自賠責の名義を書き換えしなければなりません。

もしもこれをせずに放っておいたら、保険会社より自分宛に自賠責の満期便りが来てしまいます。

手放すか悩んでいるマイカーがほんの少しでも高く査定されることを応援してます。