通常の初心者向けの外為取引の書籍では「損が生まれた時はナンピンによってポジションの価格をコントロールする」と述べられているが、実際にはそれは相当大きな落とし穴があると思います。もっちりジェル口コミ

まず最初に、ナンピン買いの仕組みについてとても簡単に述べます。ピューレパール

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。しみ 原因

ドル買いのため、円安になればなるほど黒字が出るわけだが反対に1ドル95円まで円高方向に向ったとします。すそわきが 対策

このまま維持し続けたとしたらマイナスをなくすためには、損失分、円安ドル高に進む必要があります。夜間頻尿 前立腺肥大

誰もがみんな、マイナスは早めに0にしたいと考えるでしょう。コンブチャクレンズ 痩せない

これを解決するため最初に買ったのと同じ量の$(ドル)を1ドルを95円で買い増します。ソワン 嘘

そうしたら、平均の価格は97円50銭まで下げることができますすなわち、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば、マイナスを回復できます。太陽光発電 リスク

こういったことがナンピン買いのやり方です。ケノン

このような、ナンピンの仕組みを知ると「なるほど」と考えたりするが、為替はそう容易には思うようにはいきません。ゼロファクター 薬局

そもそも、1ドル=95円より下がらないとは、なんびとも予想できません。

市場が相当の円高ドル安の流れであるならば1ドル=95円ではとまらず、更に一段のドル安にいく可能性が高くなります。

一例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、95円まで円高ドル安に進んだらナンピン買いをしたポジションも、損失が生じてしまいます。

この状態では、一番初めに買ったドルと一緒により大きなマイナスが生まれます。

このように、ナンピンは一筋縄でいきません。

それならば、為替があなたの台本とは反対の方向にさっと進んだ場合、どんなやり方で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう時には選べる方法は限られています。

最初のひとつは観念して、損切りをする事です。

もうひとつは、今、自分が持っている買いポジションを減らす事でもう一度外国為替市場が戻るのを動かないで待機する事です。

少し消極的な手法だと思う方もいるだろう。

だが、所有しているポジションにマイナスが生じた場合、リスクが低いやり方はこの2つ以外にはありません。

当然、ロジックとしては、ナンピンをするという手法もありえます。

けれどもナンピンは自身が損失を出しているにもかかわらず、ポジションを整理するどころか、逆に買いポジションを買い増していく方法である。

これでは、危険を回避することなど、とても無理だ察するべきです。

ナンピン買いをし続ければその内儲けが出るかもしれません。

けれども、それ以前に資金は無くなってしまいます。